読む

スティーブ・ジョブズの伝説のスピーチ


今回はスティーブ・ジョブズの伝説の卒業式スピーチ(日本語字幕)- YouTube動画を紹介します。失語症で苦労している私達も元気を貰えるスピーチですのでぜひ見てください。(また失語症の勉強にも上手に使えるようにいくつかのヒントを書いてみました)

聞き取りの速度を変える

動画のスピードが早すぎて聞き取りがうまく出来ない人は画面の右下の「設定」の「速度」を標準から0.75か0.5に変えてみてください
音がうるさく思う人はミュート(消音)にしてください。

スティーブ・ジョブズのスピーチ

スティーブ・ジョブズさんはアップルコンピュータを設立した人として有名な方ですね、他にNeXT、ピクサーなどの会社を作り、さまざまな事業を成功させた人物です。日本通としても知られ京都の苔寺には何度もこられた方ですね。スピーチを視聴していると経営やコンピューター関係以外にも美術にも造詣が深い人だったのがわかります。だからこそデザインが優れたMac(マック)のパソコンや映像会社のピクサーが作れたのですね。

 

それではスティーブ・ジョブズのスピーチです。スティーブ・ジョブズが人生で体験した出来事を「3つの話」として大学の卒業式でスピーチしてます。↓↓

スピーチの感想は?

私は初めてこのスピーチを聞いた時に感動して泣きそうになりました。自分の生い立ちや苦悩の日々も正直に話したスティーブ・ジョブズさんのスピーチ・・・簡単に「3つの話」と言われましたが、どれも深い話しでした。色々考えさせられました。

 

失語症という普通は歩かない道を行く私も、失語症の勉強は今は「点」ですが、 将来「線」となると信じて頑張ろうと思いました。今までの人生でも「点」が「線」になるという事は少しは経験している事ですね。動画に写っているスピーチを聴いている若者たちの表情がよかったですね。

 

最後の最後に話された若い頃に読んだ本の話も良かったです。私も自分の人生を頑張って、また次の人々に何かを残せたら良いなと思いました。あなたはどう思いましたか?

興味を持った人物をもっと調べる

どうでしたか?もしあなたがスティーブ・ジョブズに興味を持ったら、よかったら更に調べてみてください。興味を持って調べていくことが脳の機能を繋げていくことにもなると思うのです。

 

スティーブ・ジョブズに限らず今後興味持った人物をウィキペディアや辞書で調べたり、関係する本を読んだりしている間に失語症の勉強にもなると思います。(有名な人物は漫画や児童書でも読めるから簡単な日本語で勉強できますね)調べる間に付随して声を出す、書く 、読む事も出来ますね。その時はいつものようにグーグル検索を使って聞き取りもしながら調べて下さい。

 

~スティーブ・ジョブスの伝説のスピーチ(日本語字幕)でした。ありがとうございました(*´∀`)

 

⇒ YouTubeを字幕で見る

 

スポンサーリンク





-読む