勉強に使えるネットツール

連想類語辞典で語彙力をあげる


失語症で自分の感情を言葉や文章にする力が落ちた方に、ぜひ使って貰いたいのが「連想類語辞典」です。

連想類語辞典とは?

連想類語辞典とは、言葉の類語、同義語、連想語が表示されるネットツールです。リンクからさらに「類語の類語」もすぐ検索できる、優れた検索サービスです。

 

連想類語辞典は辞書なので大きな本屋や図書館にもあります。本の連想類語辞書も良いのですが、ネットのほうが失語症にとってより使いやすいと思いますので「ネットツール」としてご紹介させて頂きます。

 

失語症の勉強でご紹介させて頂く「連想類語辞典」は普通に一般のかたが使うにもいいツールです。仕事や学校で「レポート」や「小論文」の書き方に迷った時、助けになります。

語彙力を増やす

文章を書く時、話す時も語彙(ご い)がどれだけ使えるかで文章も話す内容も伝わりやすくなり、また説得力も増したりします。

 

病気の前からそんなに語彙力があったわけでない私が言うのもオカシイですが(^_^;)語彙の部分はそれぞれ大人になってからも勉強や習慣として(本を読むなど) して力を付けていかなくてはならないところです。

 

生活するうえで家族間でも学校でも会社でも、自分の考えや主張を言わなくてはならない時がありますよね。口喧嘩にも勝ちたいですよね。

 

失語症患者も最初は難しくても少しづつ語彙力を付けていかなくてはなりませんね(やること沢山ですね、笑)

 

私は昔から口がそんなに廻るほうではありませんでしたが、コールセンターで仕事をし始めてから以前より技術として話がうまくなった気はします。それは語彙力だけでなく他の勉強も必要だとは思いますが。

楽しいを他の言い方で言う

たとえば「楽しい」という言葉。楽しいや悲しいという自分の気持を伝える。大事なことです。

 

だけど「楽しい一日」を表す時に、朝みんなで朝食を食べて楽しかった。そのあとUSJに行って楽しかった。夕方から天保山に行って水族館に入って楽しかった。夜は串かつを食べて楽しかった

 

という文章や発言ではちょっと幼い印象となりますよね。この語彙で会社のレポートを書いたらヤバイ人ですね。発表の場所でこんな発言をすれば出世は難しいですよね・・

 

最近は語彙に関係する本も色々出ていますね。私と同じく、語彙を増やしたいと思っている人が多いのかも知れません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

語彙力がないまま社会人になってしまった人へ [ 山口謠司 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/8/23時点)

 

楽しいを他の言い方で言う

それでは試しにネットの連想類語辞典(日本語シソーラス)で「楽しい」を検索してみます。

⇒ 連想類語辞典

楽しいの「類語、関連語、連想される言葉」が沢山出てきました。楽しい気持ちを表す言葉、こんなにあるんですね。楽しいよりもっと自分の気持ちを上手に表現する言葉も見つかりそうですね。「ノリノリで」「スカッとした」「気持ちが華やぐ 」「ハッピーな」「大喜び」

 

文章にするならもう少し小説っぽくしたり、大人らしい表現にもできますね。「有頂天」「心弾み」「極楽気分」「高揚」「リゾート気分」

 

美しい表現の日本語にもあえます。「祝祭的な」「こころよい」「夢のような」「胸をときめかす」。

 

大昔から現代まで伝わるさまざまな綺麗な日本語表現。連想類語辞典は日本語を楽しむツールとしてもつかえます。

意地悪な人に

アナタの周りに、会社や地域にも、意地悪な人がいると思います。そのまま本人に「あなたは意地悪だ」というのは直接的ですね(笑)

 

おバカな友達に「お馬鹿」というのも(愛情があっても)相手に上手く伝わらないかもしれないですね。そういう時に語彙が多い人は上手に伝えられるでしょうね。

 

仕事なら仕事相手に上手に伝えなければ行けませんし、お客さんにまけてといわれた時にいきなり「無理です」と断るより、相手の気持ちを逆立てない言葉を使うほうがいいですよね

大事な語彙力

語彙力は本当に大事だと病気になって語彙力が落ちた私は思います。病気前はもう少し上手に伝えれたのにと本人としては歯がゆかったりしますが、少しづつまた復活したいです。

 

勉強していたらプラスで新しい言葉も覚えていけると思っています。日本語を再インストールして、さらに前よりバージョンアップしたいです。

 

前より考えながら話してるので、関西人の言葉の掛け合いにスピードがついていけない時があります。時々頭で考えた事柄を言葉に出来ずおとなしい時があります。おとなしい私は好評ですが(笑)

 

失語症の勉強法として、連想類語辞典で語彙力をあげるというお話でした。有難うございました(・▽・*)

 

スポンサーリンク





-勉強に使えるネットツール