書く 運営者の独り言

ノートやメモを活用する

2018/08/10


皆様元気に過ごされていますか?2018年も早くも8月となりました。7月は大雨の後、猛暑で日本中大変でしたね。私も暑さに負け(数年前にクーラーが壊れてから家にはクーラーがないのです、汗)、パソコンも暑さで調子が悪くなり、また不注意でサイトがいくつか無くなり・・それが一番ショックだったかもです。一言で言えば「やる気が無くなり」無気力な日々を送っていました(笑)

やる気が出ない時はどうしましょう?w

なんとか家事とアルバイトだけはしながら、7月を乗り切りました。(4月からアルバイトを始めました。その話はまたの機会に)。何もしたくない酷暑の7月でしたが、良かった面を言うと漫画や本、映画、ユーチューブを沢山見たことです。ダラダラした生活をしながらも一ヶ月前より日本語が近くなった気がする最近です。なんでも失語の勉強になるラッキーな失語症の私です。体に酷な時期に水風呂の中で本を読んだり、アイスノンを抱いて昼寝をするのは過ごし方として正解かもしれません(*´∀`)

 

音楽や絵などの芸術や映画、テレビ、書物・・。楽しいだけでなくそれらは色々なことを考えさせてくれますね。気になったものは検索するので勉強にもなります。文化は心の栄養だなぁと改めて思いました。この一ヶ月で良い知識を新たにいくつも覚えて、やる気も戻って気ました!

 

一番心に残ったのは僧・道元の言葉でした。興味ある方はウィキペディアで確認したり、You TubeやNHKオンデマンドで関係動画が見れるので調べて見て下さい。(完璧に理解するのはかなり難しい道元さんの言葉ですが、私はもしかしたらあの人の言葉のもとはこの道元さんの言葉がもと?とか何回か思いながら調べていました。)

ノートやメモを役立てる

さて「ノートやメモを活用する」という題名ですが、きっと多くの失語症の方が言われるまでもなくノートやメモを活用されていると思います。ノートやメモに書く内容は多岐にわたると思いますが、私のように「やる気がでない時」や「病気がしんどい時」でも一言メモしているだけであとで助かる事があります。もちろん、少しづつ書くだけでも言葉の勉強にもなります。

 

失語症の人は自分の考えたことを上手に言葉にできず、また聞いた話を記憶するのも通常より苦手だと思います。元気になったら「したい事」や「しなければいけない事」を前もって紙に書いているだけで安心してゆっくりできるかもしれません。もしかしたら紙を見るだけでやる気が出てくるかもしれませんね。

最初はマークや絵でもいいと思います

とはいえ、ノートやメモに書くといっても失語症の初期は文章や言葉にするのも難しいと思います。上手く書けない時はマークや絵でもいいと思います。自分だけにしかわからない暗号みたいですね♪

 

☆星マークや♪音符、笑顔の絵・・。マークを書いているだけで思い出したりするから 人間てすごいですね。少しづつ言葉もかけるようになっていったら嬉しいですね。

~「ノートやメモを活用する」でした。最後までお読みいただき有難うございました(*´∀`)

スポンサーリンク





-書く, 運営者の独り言